住宅を建てたら知っておきたい壁塗装に関する基本知識をわかりやすく解説

このサイトでは、住宅を建てたら知っておきたい壁塗装に関する基本知識をわかりやすく解説しています。
家を長持ちさせるために重要なポイントである事は多くの人が知っていますが、使用する塗料の種類と特徴や、信頼できる業者はどうやって選ぶかと言った細かな部分の知識を持っている人は決して多くはありません。
このような内容を詳細に解説しているのが特徴で、安全で快適な家に長く住むための基本的な知識を得ることができるものとなっています。

住宅を建てたら知っておきたい壁塗装に関する基本知識をわかりやすく解説

壁塗装は住宅を長持ちさせる上で非常に重要なものであるとともに、そのイメージを決める上でも大切なものとなっています。
そのためこれを行う際には業者選びは慎重に行いたいものですが、実際には壁塗装のトラブルも数多く発生しているのが実態です。
その理由は様々な工程や塗料に関する知識を一般の人が持っていないため、これに乗じて悪質な業者がそのコストや工事日数を削減するためにいわゆる手抜き工事を行ってしまうことによるものです、 壁塗装の基本知識を持っていることで、これらのトラブルを未然に防ぐことができます。

壁塗装の坪数ごとの平均的な費用はいくらか?

壁塗装の金額は、使用する塗料の種類や面積によって変動し、主に塗料代や施工費、足場代や利益に内訳できます。
塗装面積は「家の外周」×「家の高さ」で計算することができ、家の外周はメジャーなどを用いて簡単に計測することが可能です。
したがって、業者に見積もり依頼する際に提示された見積もり書が適切かどうかの判断材料にもなります。
壁塗装の坪数ごとの平均的な費用は、塗装面積約40㎡の10坪では約25~30万円で、塗装面積約80㎡の20坪では50~60万円と10坪増えるごとに約40㎡増えて、相場は30万円程度高くなる傾向があります。
日本の一般的な戸建て住宅は15~50坪くらいなので、壁塗装にかかる費用は平均的に30坪で70万円~100万円ほどで、それ以外の坪数であれば100万円~150万円程度の範囲であると言えます。
業者に見積もりを取る時は、必ず相見積もりをすることが望ましいです。
複数の業者に全く同条件で見積もりを依頼することで適正であるか高価すぎるのかなど比較して決めることができます。

壁塗装で助成金を受けることができるか

住宅の壁塗装には、美観を整えることのほかに、建材を保護して住宅の寿命を延ばすという役割もあります。
さらに、使用する塗料や工法次第では、機能性を高めることも可能です。
こうしたことから、自治体の中には住民の生活の質を向上させるのに役立つという観点から、一定の要件を満たした壁塗装工事には公的な助成金を支給しているところがあります。
具体的な支出要件については各自治体が独自に定めているため基準はまちまちですが、おおむね全国的に共通しているのは省エネルギー化を目的とした外壁塗装が対象になっているという点です。
つまり基準を満たした塗料や工法を使用することで外壁の断熱性能や遮熱性能を高め、室温調整に必要な光熱費を節約できるような工事を行った場合に、助成金を受けることができます。
支給方法も自治体ごとに異なりますが、通常は工事前に書類で申請を行い、工事完成後に証拠となる記録等を提出することで支払いが受けられるというスタイルが一般的です。

リフォームで壁塗装を行う時期はいつごろか

リフォームをする場面においては、外壁塗装するケースも多くなります。
特に、サイディングの住宅に関しては、リフォームの際に外壁塗装をするケースがほとんどです。
ではどのようなタイミングで行うべきでしょうか。
これに関しては、明確な基準はありませんがもともと塗料自体が10年から20年の耐用年数となっています。
メーカー側、シリコン型の塗料でも12年程度を耐用年数を定めています。
ただ実際には、20年近く使っても問題ありません。
場合によっては、それ以前の段階で塗料が機能していなくなる可能性も出てくるわけです。
具体的には、外壁を指で擦った場合指先に白いチョーク上のものがつけば表面のコーティングがほぼ機能していないことを意味しています。
それ以外にも、外壁に1ミリ以上のひび割れがある場合には、すぐに塗装をした方が良いかもしれません。
仮に15年ぐらい追加していなくても、塗装のタイミングといえます。
このような時期をよく考えましょう。

壁塗装を行うのに最適な季節はある?

これから外壁塗装をする場合、一体どのような季節が良いのでしょうか。
まず冬に関しては、通常塗装をしても問題ありませんがあまり気温が低いときには塗料が固まってしまいなかなか伸ばせない可能性があります。
一般的には気温が5度を下回ったときには塗装しない方が良いでしょう。
特に北海道や東北地方あるいは北陸地方などは雪も降りやすいため、この時期は避ける必要があります。
春は比較的塗装しやすい時期と言えるかもしれません。
雨も少なく、気温もそれなりに安定している傾向があります。
もし、季節を選ぶとすれば外壁塗装は春に行った方が良いです。
梅雨の時期はあまり最適とは言えません。
その理由は雨が降るためです。
雨が降ることにより塗装が完了する時期が遅くなってしまう可能性があるかもしれません。
ただ小雨の場合は外壁塗装をするためそれほど問題はありません。
秋は気候も良いですが9月位によく雨が降る時期があるためその時期は避けた方が良いといえます。

壁塗装の施工はどのくらいの日数がかかるか

壁塗装をする場面において、どれぐらいの日数がかかるかは基本的にその時期や建設会社によって異なることが多いです。
ただ一般的に言えば、2週間が目安とされておりそれ以上かかることもありますがそれ以上に早く終わる事はあまり考えない方が良いかもしれません。
壁塗装をするにあたり、いきなり塗料を塗っておしまいにするわけではなく、足場の設置からスタートすることがほとんどです。
足場を設置した後は、外壁をきれいにした上で、ひび割れ等があればそれをチェックしていきます。
ひび割れはすぐに補修をしますので、塗装寝る前の段階で補修が完了していなければいけません。
それ以外では、雨が降った日などは延長する可能性があると考えて良いです。
雨が降ると、塗装をすることができないわけではありませんが、場合によっては全く塗装をすることができないケースもあります。
特に梅雨の時期などは非常に困難であり、下手をすると10日間位何もできないことがあるため注意しなければいけません。

壁塗装の費用をできるだけ安くするには

壁塗装を専門会社に依頼する方は、できるだけ安く済ませたいと考える方も少なくはありません。
この場合、DIYで自主的に塗装をする方法はありますが、2階建て住宅の場合は足場が欠かせない安全対策になるので足場の施工会社に依頼をすることが必要とされます。
この場合は移動可能な足場で最低限必要な高さにすることでコストカットは行えますが、全てを壁塗装の施工会社に任せたい場合は、塗料をウレタンに絞ることで安くすることは可能です。
ウレタン塗料は6年から8年程度の耐久性になりますが、実際には下塗りをせずに塗装を施しても10年以上問題がない事例もあるので、塗料のランクで調整をする方法も悪くはありません。
壁塗装をする前には全ての外壁を点検することになりますが、破損している部分があれば修復作業が必須となりますが、この部分を施主が行えば節約を行うことは十分に可能です。
後はインターネットを使う方法もあり、リフォームに特化した一括査定サイトを利用することで、最安値の施工会社を見つけることもでき、結果的に最安値で壁塗装を行えます。

ユニークで個性的な壁塗装の実例集

一口に「壁塗装」と言っても、壁塗装塗料はさまざまであり、色の組み合わせによってユニークで個性的な家に仕上げることが出来ます。
そこで、壁塗装の実例集を紹介しますので、個性的な家づくりを行いたい方はぜひご参考にされてください。
人目を惹きながらもおしゃれな家にするためには、モノトーンの中にスパイスの効いた明るい色を配置するのがおすすめです。
実際にある家を例に取ると、遠くから見ると単なるブルーグレーの壁ですが、近くで見ると壁がボーダーになっていておしゃれで、ドアの色に赤を配置することでスパイスを効かせたおしゃれな家があります。
赤を配置するとパッと目を惹くカラーのため、一カ所に赤を配置するだけで個性的な家になることでしょう。
またほかにも、外壁を緑と黒の市松模様にするなど、模様で個性を演出することもできます。
色だけではなく、レンガ積にすることで欧米風のおしゃれな家など、やり方次第で壁の個性は出しやすいのでぜひ参考にされてください。

リフォームでの壁塗装で住宅の機能をアップ

壁塗装というと外壁を思い浮かべがちですが、実は室内の壁にも当てはまりますし、塗料を塗ることによって見た目だけでなく機能的にも変化を加えられるのではないでしょうか。
壁塗装と一口にいっても、傷や取れない汚れを隠して綺麗に見せたり、建物の価値を引き上げる目的で行われることが少なくないです。
一方では調湿や防汚のように、機能性を加えたり住宅の魅力をアップさせる目的で行われる壁塗装もあります。
壁が調湿すると、まるで家全体が呼吸するかのように空気中の湿気をコントロールしてくれますし、乾燥を防いだり不快な多湿状態が避けられるなど、皆適性が増すことになります。
防汚は汚れをつきにくくしたり落としやすくするものですから、例えば子供がうっかり壁に落書きをしてしまっても、少ない労力で綺麗に落とすことができます。
壁塗装はこのように、住宅のアップデートを図ることが可能ですから、リフォームの際に前向きに検討してみる価値があるといえるのではないでしょうか。

劣化がなくても壁塗装を行うメリット

壁塗装というと一般的には劣化が塗り替え工事のタイミングですが、劣化がなくてもメリットはあるのではないでしょうか。
1つはやはり建物の印象を大きく変えられることで、つまりはイメージチェンジの為の壁塗装です。
色を変えるだけでも大幅に雰囲気が変化しますし、新鮮味がもたらされるので飽きていた建物の魅力が蘇ります。
もう1つのメリットは塗料の変更による機能の追加で、断熱性や遮熱性、防汚性といった機能を目的とした壁塗装が挙げられます。
断熱材を追加したり変更しなくても壁面の性能がアップしますし、遮熱性の壁塗装を行えば、直射日光による室温の上昇が抑えられます。
防汚性であれば汚れが付着しても気になりにくくなり、雨で洗い流されるので日頃のお手入れの手間が減らせます。
確かに何もしなくても経年で劣化していきますから、10年に一度は塗り替えた方が良いですが、それ以外のタイミングでも検討する価値はあるのではないでしょうか。

壁塗装に関する情報サイト
壁塗装の基本知識

このサイトでは、住宅を建てたら知っておきたい壁塗装に関する基本知識をわかりやすく解説しています。家を長持ちさせるために重要なポイントである事は多くの人が知っていますが、使用する塗料の種類と特徴や、信頼できる業者はどうやって選ぶかと言った細かな部分の知識を持っている人は決して多くはありません。このような内容を詳細に解説しているのが特徴で、安全で快適な家に長く住むための基本的な知識を得ることができるものとなっています。

Search